内容証明誓約書示談書作成代行

自筆証書遺言の作り方 そのメリットとデメリット

Share on Facebook

自筆証書遺言は、遺言者が紙に自ら遺言の内容の全文を書き、かつ、日付・氏名を書いて署名の下に押印することにより作成する遺言です。

すべてを自書する必要があります。

パソコンやタイプライターによるものは無効です。

メリット

自筆証書遺言は,自分で書けばよいので,費用もかからず,いつでも書けます。

デメリット

内容が簡単な場合はともかく、そうでない場合に、法律的に見て不備な内容になってしまう危険があり、後に紛争の種を残したり無効になってしまう場合があります。

誤りを訂正した場合には,訂正した箇所に押印をし,さらに,どこをどのように訂正したかということを付記して,そこにも署名しなければならないなど方式が厳格です。

そのため、方式不備で無効になってしまう危険があります。

遺言者の死亡後、遺言書の保管者又は発見者は、遺言者の出生時から死亡時までの戸籍謄本等をはじめ、相続人の戸籍謄本等を準備し家庭裁判所に申し出て「検認」の手続を受けなければなりません

遺言書の保管者又は発見者がその遺言書を裁判所に提出するのを怠ったり、検認を受けないで遺言を執行したり、封印のある遺言書を裁判所外で開封したりすると、過料の制裁を受け、面倒なことになります。

なお、「検認」の手続は、遺言書が偽造されたり変造されたりするのを防ぐために家庭裁判所が行う検証手続のことをいい、遺言書の有効であることや無効を判定する手続きではありません。

遺言を発見した者が、自分に不利なことが書いてあると思ったときなどには、破棄したり隠匿や改ざんをしたりしてしまう危険があります。

全文自書しないといけないので、病気等で手が不自由になり字が書けなくなった方は利用することができません。

公正証書遺言のすすめ

上記のような自筆証書遺言のもつ様々なデメリットを補う遺言の方式として公正証書遺言があります。

 

公証人の作成した遺言公正証書では、偽造や変造のおそれもなく、また、検認というような面倒な手続をとる必要もありませんし、公証人が作成するものですから、方式に反するなどの理由で無効となることも避けられます。

このページの先頭へ