内容証明誓約書示談書作成代行

相続サービス案内(滋賀・京都限定)

Share on Facebook

人の死は突然やってきます。

そのため、相続も突然やってくるわけです。

亡くなった方の財産の分配は、遺言がのこされている場合、原則として遺言に従います。

しかし、遺言がなければ法律の定めに基づくか、相続人の間で話合いをしていただいて分配を定めなければなりません。

遺言に従うにしろ、法律の定めに従うにしろ、相続人の遺産分割協議に従うにしろ、相続のためには面倒な手続が連続いたします。

そのような面倒な手続を当事務所が代行いたします。

相続人・相続財産確定

相続を行う場合、まずは、

  1. 誰が相続人なのか
  2. どういった財産があるのか

といった点を明らかにする必要があります。

1については戸籍を調査したり、2については登記の調査などを行うわけです。

当事務所では、この点にしぼってサポート(31,500円)することもできます。

遺産分割協議書作成

また、相続人間で協議が整った場合、それを「遺産分割協議書」という形で残しておく必要があります。

きちんとした書面にしておくことで、後々の紛争を防げますし、その後の手続の進行に必要な書類だからです。

当事務所では、この点にしぼってサポートすることもできます。(84,000円

相続財産分配・登記申請

さて、遺言に従うにしても、遺産分割協議書に従うにしろ、それらの財産を分配し、不動産であれば登記をしなければなりません。

当事務所では、司法書士事務所と協力し、それらの手続もサポートしています。

相続税

相続に関しては控除額がありますが、その控除額を超える財産がある場合は相続税を支払わなくてはなりません。

そのような手続も税理士事務所と協力した上でサポートいたします。

このように、当事務所にご依頼いただければ、相続に関係する様々な手続を関係事務所と協力して行います。

当事務所へご依頼いただくメリット・デメリット

メリット

面倒な手続をまかせれる

弁護士事務所へご依頼されるよりは比較的安価

デメリット

相続人間で争いが起きた場合には対応できない(法律で定められています)

この場合は当事者で話し合っていただき、解決すればその後もサポートできますが、

もし、解決しなければ調停・裁判となりますので当事者同士でそういった手続を行うか、弁護士に頼むかということになります。

なお、そのような場合は当事務所は適切な弁護士事務所の御紹介を行っております。(その弁護士事務所にご依頼されるかどうかは皆様の御自由にしていただいております。)

まずはご相談下さい!

遺言・相続に関する電話・メールでの相談は無料で承っておりますので、まずはご相談ください。

電話番号 077-535-4622

メールはこちらのメールフォームからお願いいたします。

このページの先頭へ