内容証明誓約書示談書作成代行

公正証書遺言作成サービス(滋賀・京都限定)

Share on Facebook

サービス内容

ようこそ

 

 

遺言・遺書にのこしたい内容をお聞きしたうえで、それをもとに公正証書遺言の作成を代行いたします。

公正証書遺言は検認手続が不要というメリットがあります。

また、行政書士はもちろんのこと、公証人によるチェックが入りますので、法律的に問題のない遺言が作成できます。

さらに保管も厳重です。

一方で、公証に手数料がかかります。

また、公証の際に証人が二人必要となりますので、内容を秘密にしたいという方からするとデメリットかもしれません。

(なお、行政書士には守秘義務が課せられていて、秘密を漏らすと罰せられます。

メリットデメリットをご検討ください。

電話・メールでのご質問・ご相談は無料です。

お気軽にご利用ください。

電話番号 077-535-4622

メールはこちらのメールフォームからお願いいたします。

ご注意

当事務所は弁護士ではございませんので、法律上推定相続人などとの交渉はできません。

法律(弁護士法第72条等)を遵守した形で、公正証書の作成とその相談をさせていただくことになります。

大抵の場合は御要望をかなえていただくことが可能ですが、事案によっては交渉を要する状況に発展する場合もございます。

そのような事案に関しましては、法律上弁護士にしか扱えませんので、弁護士をご紹介させて頂くことになりますので御了承下さい。

(なお、御紹介させていただく弁護士にお申し込みいただくかはお客様の御自由です。)

料金

63,000円(税込)

サービスの流れ

step1 お申し込み

電話もしくはメールでお申し込み下さい。

電話番号

077-535-4622

メールはこちらのメールフォームから御注文ください。

この段階で軽い打ち合わせを行います。

next

step2 御確認・入金

御連絡いただいた後に、入金先・入金額をお知らせいたしますので、御入金よろしくお願いいたします。

現金払いの場合はstep2は省略します。

next

step3 打ち合わせ・原案作成

入金を確認後、本格的に打ち合わせを行います。

その後草稿を作成、ご覧になっていただき、訂正するという作業を何度も繰り返します。

next

step4 公証人との打ち合わせ

満足いただいた段階で公証人との打ち合わせに入ります。

next

step5 公証役場で署名・押印

予約した日に公証役場で内容を確認し、署名・押印して公正証書遺言が完成です。

 

 

電話・メールでのご質問・ご相談は無料です。

お気軽にご利用ください。

電話番号 077-535-4622

メールはこちらのメールフォームからお願いいたします。

事前に御準備いただくもの(取得代行が可能です)

  • 遺言者の印鑑証明書・戸籍謄本
  • 受遺者の戸籍謄本・住民票(親族以外の人に遺贈する場合)
  • 法人の登記簿謄本(会社等の法人に遺贈する場合)
  • 財産特定のための不動産の登記簿謄本・固定資産評価証明書
  • 預金通帳のコピー

FAQ

公証役場にかかる手数料とはいくらくらいなのですか

必ず事前に提示しますが、次のようになります。

1  遺言の目的たる財産の価額に対応する形でその手数料が定められています。

(目的財産の価額) (手数料の額)
100万円まで 5000円
200万円まで 7000円
500万円まで 11000円
1000万円まで 17000円
3000万円まで 23000円
5000万円まで 29000円
1億円まで 43000円
1億円を超え3億円まで 5000万円毎に 1万3000円
3億円を超え10億円まで5000万円毎に 1万1000円

10億円を超える部分は5000万円毎に

8000円

 

2  上記の基準を前提に,具体的に手数料を算出するには,下記の点に御注意ください。

①  財産の相続又は遺贈を受ける人ごとにその財産の価額を算出し,これを上記基準表に当てはめて,その価額に対応する手数料額を求め,これらの手数料額を合算して,当該遺言書全体の手数料を算出します。

②  遺言加算といって,全体の財産が1億円未満のときは,上記①によって算出された手数料額に,1万1000円が加算されます。

③  さらに,遺言書は,通常,原本,正本,謄本と3部作成し,原本を公証役場に残し,正本と謄本を遺言者にお渡ししますが,これら遺言書の作成に必要な用紙の枚数分(ただし,原本については4枚を超える分)について,1枚250円の割合の費用がかかります。

④  遺言者が病気又は高齢等のために体力が弱り公証役場に赴くことができず,公証人が,病院,ご自宅,老人ホーム等に赴いて公正証書を作成する場合には,上記①の手数料が50%加算されるほか,公証人の日当と,現地までの交通費がかかります。

⑤  公正証書遺言の作成費用の概要は,ほぼ以上でご説明できたと思います。詳しいことは事前にお知らせいたします。

 

 

電話・メールでのご質問・ご相談は無料です。

お気軽にご利用ください。

電話番号 077-535-4622

メールはこちらのメールフォームからお願いいたします。

このページの先頭へ