内容証明誓約書示談書作成代行

遺言は誰でもできる?いつすべき?

Share on Facebook

誰でもできる?

遺言は遺志を遺すのですから、誰でもできるように思われるかもしれませんが、法律上の遺言は誰でもできるわけではありません。

満15才以上でなければなりません。

ただ、満15才以上の者であれば、誰でも自由に遺言をすることができます。

遺言とは、一口でいえば、個人の生前の意思をその死後に実現させるための制度で、遺言は、家族の事情、家業の実態などに合わせて、相続人に対して遺産を合理的に配分したり、あるいは、相続人以外の個人、法人、教会、公共団体等に対し遺産を与えたり寄付したりすることができるなど、多様な機能を持っています。

そのため、満15才という要件が課せられているわけです。

いつすべき?

生きていて、判断能力があるなら遺言をすることができます。

判断能力がなくなるまでに遺言をしてください。

とはいっても、残念ながら人間はいつ何時何があるか分かりません。

遺言をせずに死んでしまい、遺産をめぐって家族が争うようにでもなれば、結果として家族は困ります。

いつ何があっても、残された家族が困らないように、自分が元気なうちに遺言の作成をしましょう。

ちなみ に、最近では、かなり若い人でも、海外旅行へ行く前等に遺言書を作成する例も増えています。

 

遺言は、元気なうちにこそ、備えとし てしておくべきものといえるでしょう。

 

このページの先頭へ