内容証明誓約書示談書作成代行

遺言の撤回または変更

Share on Facebook

遣言者は、いつでもその遺言を撤回したり、変更したりすることができます。

遺言をしたあとで遺言者をめぐる周囲の事情や、遺言者の心境にいろいろ変化があることは当然です。

そのような場合には、後日遺言を作成することによって、先にした遺言を自由に撤回したり、変更したりすることができます。

一度遺言をしたからといって、一生涯それに拘束されることはありません。

このページの先頭へ