内容証明誓約書示談書作成代行

遺言の執行とは

Share on Facebook

遺言の執行とは、遺言者が死亡し、遺言の効力が生じた後に遺言の内容をその通りに実行することです。

遺言執行者は

①遺言で指定された者
②家庭裁判所により選任された者

のどちらかがなります。

遺言執行者は、遺産の預貯金債権の名義の変更、払戻しのときなどに重要な役割を果たしてくれます。

したがって、誠実で信頼できる人でなければなりません。

場合によっては、遺言によって遺産をもらう人(相続人又は受遣者)を遺言執行者とすることもできます。

相続人が数人いる場合は、財産を最も多くもらう人を遺言執行者に指定しておくと、いろいろな事務処理をスムーズに取り運ぶことが
できるようです。

遺言執行者を必要とする場合、これを遺言で決めておかないと、遺言者が死亡してから家庭裁判所で決めてもらうことになり、手数
と時間がかかりますので、あらかじめ遣言の中で決めておくのがよいでしょう。

このページの先頭へ