内容証明誓約書示談書作成代行

証人について

Share on Facebook

公正証書遺言には、必ず2人以上の証人に立ち会ってもらわなければなりません。

証人になれるのは未成年者以外なら誰でもよいのですが、遺言内容と利害関係のある人は証人になることはできません。

すなわち、遺言者の第一順位の推定相続人及び受遺者並びにそれらの者の配偶者と直系血族の人などは証人になれません。

しかし、それ以外の親族や他人ならば構いません。

信頼している親しい友人とか知人、あるいは銀行員、司法書士、行政書士、税理士、弁護士などが適任です。

適当な人がいないときは、公証役場で紹介してくれることもありますので相談してみてください。

遺言に立ち会う証人というのは、「立会人」という程度のもので、遺言者の精神状態が正常であり、その自由な意思によって遺言が述
べられたことなどを含めて遺言公正証書が正しい手続きにしたがって作成されたものであることを証明するに過ぎないものです。

どうしても証人が得られないときは、証人を必要としない「死因贈与契約」という方法もありますので、公証人に相談してみてください。

このページの先頭へ